水面情報

水面特性

 狭山池から現在地に1956年に移転し、長方形のコンクリート護岸の完全プール型水面を造った。当時は住吉川から水を取って溜めていたが、今は雨水と工業用水を溜めている。工業用水は淡水でも水質が硬く、レース面に影響してくる。
 迫力のあるレースを観てもらおうと、スタンドから水面までの距離が近い。消波装置を設置しているものの、護岸までの距離も短いので波が消えにくい。影響の出るのが2マークだ。スタート時にできた波が護岸に当たって戻ってくる。ボートが2マークに戻ってくる時間帯と重なるので、複雑な波が立つ。モーターにパワーがないと引き波を乗り越えられずボートが暴れるため、2マークの逆転劇に注意が必要だ。冬場の追い風の強い日には、2マークのスタンドの切れ間からビル風が水面に吹き込む。これも2マークでの逆転劇を多くする原因になっている。
 競走水面は、ピットから2マークまで120mで、ピット離れが良ければインを獲れる距離である。スタートライン上のコース幅は51mと狭いが、2マーク、センターポール、1マークがほぼ1直線上に並んでいるので、インからスタートをする選手は、アウトから圧迫される感じはない。
 4月から11月までナイターレースを実施しており、ナイター時間帯になると気温が下がることもあってモーターのパワーが上がる。インから出足を生かして先攻めに持ち込むレースが多くなるが、気温が上がるデイレースは、アウトまくりが決まって高配当が飛び出しやすい。

進入コース別入着率

2016/3/1〜5/31

1着 2着 3着
1コース 51.9 18.1 11.9
2コース 19.0 22.9 19.5
3コース 12.6 23.9 19.9
4コース 9.7 16.4 24.3
5コース 6.1 13.2 13.2
6コース 1.9 6.7 12.1

2016/6/1〜8/31

1着 2着 3着
1コース 54.8 16.4 10.6
2コース 13.8 25.4 16.7
3コース 10.8 21.0 22.3
4コース 12.9 17.7 22.3
5コース 5.8 13.4 15.8
6コース 2.7 7.0 13.3

2016/9/1〜11/30

1着 2着 3着
1コース 55.3 18.0 10.0
2コース 14.2 23.7 19.3
3コース 12.5 19.8 21.0
4コース 12.7 19.2 17.9
5コース 4.9 11.7 17.3
6コース 1.6 8.6 15.3

2016/12/1〜2017/2/28

1着 2着 3着
1コース 54.1 19.8 9.8
2コース 14.0 23.8 19.4
3コース 14.7 18.1 22.5
4コース 9.7 17.8 20.2
5コース 6.8 13.5 17.0
6コース 1.8 8.2 12.5